FXにおいても、分散投資を行うことで、リスク補てんを望むことができるようです。

初心者のためのFXガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加

分散投資とは何か

投資で最も気を付けるべき点は、一点集中を避けることのようです。
しかも、生活資金まで使うことになれば、ほとんどギャンブルのような投機となってしまい、大きな損失が発生した場合、取り返しのつかない事態に陥る可能性があります。
FXであれば、ハイリスク・ハイリターンであり、なおさら、注意すべきなのでしょう。
このため、分散投資が大事になるようです。
分散投資とは、その名の通り、投資を複数に分けて行うものです。
たとえば、株式が中心であれば、債券も行ったり、あるいは、投資信託の商品も購入しておくことなどです。
もちろん、FXでも、そういう従来から投資に併用して購入しておくことも、分散投資の一種と言えます。
また、FXで投資対象としている通貨を利用することも、分散投資の一種と言えます。
仮にドルに投資をしているのであれば、外貨預金でも、ドルを保有することも、一つの手段のようです。
FXは、反対決済をすることで、損益が確定するため、どちらかと言えば、短期的な投資です。
しかし、外貨預金は、あくまで基本は預金です。
現金を貯めこんでおくことができ、長期的な視野に立った投資の一種でもあります。
短期と長期のどちらにも投資をしておくことで、調和のとれた関係が築け、状況によって、損失を補てんすることができるでしょう。
なお、FXであっても、一つの通貨で売りと買いの両建てをできるケースもあります。
十分確認した後に、行うべきでしょう。
また、一つの通貨にこだわることなく、複数の通貨に投資をし、空売りあるいは買いの組み合わせを効果的に行っておくことも、重要なようです。

PICK UP!注目記事

Copyright (C)2018 初心者のためのFXガイド.All rights reserved.