FXの収益方法にも、キャピタルゲインとインカムゲインの2つがあります。

初心者のためのFXガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事な収益方法

投資で重要なことは、収益を得ることでしょう。
もちろん、それが目的であることは、確かなことです。
FXでも、ハイリスクでありながら、ハイリターンでもあり、収益を得ることが、第一であることは、言うまでもありません。
では、FXの収益方法とは、どういうものでしょうか?
まず、FXでも、他の投資と同様、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。
キャピタルゲインは、商品の主要な部分に関わるとも言え、売買益などがこれに相当します。
FXであれば、為替差益となっています。
たとえば、1ドル75円で買いをし、1ドル80円で売りをすれば、その差額が収益となります。
あるいは、空売りが認められているため、逆に1ドル78円で売りを行い、1ドル75円で買いをすれば、それでも差額が生じるため、収益となります。
一方、インカムゲインは、商品に主要な部分に付随したような収益方法です。
たとえば、株式であれば、配当などが相当します。
FXでは、金利差益であり、スワップポイントと呼ばれています。
しかし、スワップポイントが発生するには、いくつかの条件があります。
まず、金利の安い通貨から高い通貨の買いを行うことです。
そうして、その状態を翌営業時間以後まで保持しておくことです。
つまり、決済前の買い状態を維持しておくということです。
では、キャピタルゲインとインカムゲインでは、どちらが収益全体に大きく影響するのでしょうか?
それは、商品の主要部分に関わるため、キャピタルゲインとなるでしょう。
けれども、そうであるからと言って、インカムゲインが無駄になることはありません。
わずかなものでも、収益に変わりはなく、1円でも無駄にしないことが、投資では大切なことではないでしょうか?

PICK UP!注目記事

人気のおすすめサイト一覧

Copyright (C)2018 初心者のためのFXガイド.All rights reserved.