FXでは、口座管理費などが発生しませんが、実質の手数料とも言えるスプレッドが設定されています。

初心者のためのFXガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加

コストはどうか

株式などでは、注文の際に手数料を支払うことになります。
インターネットでの取引が主流のようになった今では、価格もかなり安くなっています。
ネット証券の中では、格安感のあるものまで登場しています。
では、FXでは、どうなのでしょうか?
まず、かつてのFXでは、注文の際の手数料が発生していました。
片道でも往復でも、設定方法は、株式と似たようなものです。
しかし、インターネットが浸透した今では、そういう手数料を取らないのが、通常であり、口座管理費なども発生しません。
けれども、それでは、FX業者が収益を得ることができません。
そのため、法律上では、投資家に不利にならない範囲で、為替レートに上乗せすることが認められています。
つまり、内税のように、実質の手数料が発生しているということです。
これをスプレッドと呼んでいます。
スプレッドは、英語で広がりを意味しますが、業者から提示されている為替レートには、外国為替相場のレートと開きがあるからでしょう。
これは、外貨預金においても、同様な方法で、スプレッドが設定されています。
通常、小数点単位で表示され、お金であれば、銭単位となり、一般社会では使われていない単位となっています。
なお、スプレッドの傾向として、マイナー通貨程、数値が高くなっています。
それは、市場での取引量が少ないことが、大きく影響しているようです。
また、人気通貨の中には、キャンペーン中、スプレッドがゼロの時もあります。
傾向として、円とドルの組み合わせの場合が多いようです。

PICK UP!注目記事

人気のおすすめサイト一覧

Copyright (C)2018 初心者のためのFXガイド.All rights reserved.