FX以外の投資であれば、株式、債券、投資信託、外貨預金などがあり、いずれにも特徴があります。

初心者のためのFXガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加

他の投資とFX比較

投資には、種々のものがあります。
このサイトでも、いくつかのものに触れていますが、FXばかりが、投資ではありません。
分散投資についてもお話していますが、分散化の意味でも、他の投資を知っておくことも、FXに対し、効果的なことができるかもしれません。
まず、代表的な投資と言えば、株式になります。
基本的には、当該企業の所有者となる権利を有するものです。
株主となって、配当も受けられて、株主優待もあり、なおかつ、株主総会での議決権をも有することになります。
しかし、日本の場合、単元株制度を採用しているため、企業が決めた単元株以上を持つことで、株主としての全権利を有することになります。
また、債券も従来から知られたものであり、これは、国や地方自治体の借金と同様です。
償還時期の利回りが期待でき、長期的な投資の一種です。
さらに、投資信託もあります。
これは、商品が多様で、共同出資という形で、専門家が運用します。
出資金に応じた分配金が収益となります。
中には、FX自体が商品化しているものもあるようです。
さらに、FXと比較するのであれば、外貨預金になるでしょう。
どちらも、外国為替を利用し、外貨預金でも為替差益と金利が収益となります。
しかし、外貨預金では、あくまで円安でしか収益とはなりません。
さらに、入出金で手数料が発生するため、コスト面も十分鑑みる必要があります。
なお、FXも含め、上記の投資は、証券会社などで総合口座として、利用できます。
複数の投資を管理することをポートフォリオと言いますが、今の時代は、総合口座を開設することで、インターネット上で、ポートフォリオを実現できるようです。
これも、分散投資において、有効なものとなるでしょう。

PICK UP!注目記事

人気のおすすめサイト一覧

Copyright (C)2018 初心者のためのFXガイド.All rights reserved.